Hokkori Housing

いつも心に“ほっこり”を。日々の小さな幸せを綴っていきます。

腕時計、復活。

時計を直してもらいました。

 

f:id:hokkori-tonkatsu:20171019000141j:plain

 

近所のショッピングモールにある眼鏡・時計屋さんに持っていき

10分程度で直してもらうことができました。

ベルトの金具とりつけと、電池交換で1,600円程度。

 

 

この時計は、確か私が高校生の時に買ったもので、

もう10年ぐらい経ちます。

 

大学1年の時まで身に付けていましたが、

ベルトが壊れ、電池が切れて針が動かなくなってからは、

押し入れの奥にしまっていました。

 

 

携帯電話をもっていましたから、

あまり腕時計の必要性を感じませんでした。

 

 

その後、

部屋の片づけする度に時計を見つけては

直そうかな、捨てようかな、やっぱりとっておこう、となって

5年ぐらい経ちました。

 

 

やっぱりとっておこう、と思った理由は

自分の腕に身に付けるものだからこそ思い入れが強く、

あの時もこの時も一緒だったなあと考え出すと

これからも一緒に居たいなあと思うのです。

 

 

特に、私は大学受験で1年浪人したので

予備校の授業、模擬試験、自宅での勉強、そしてセンター試験本番も

この時計と一緒に頑張ったのだと思うと

とても心が熱くなります。

 

 

そう考えると、やっぱり押し入れにしまいっぱなしは

なんだかさみしいなあと思い、時計屋さんへ。

 

 

お店の方に腕時計を預けて

10分ぐらい、他のお店をうろうろして

時計屋さんに戻ってきました。

 

 

そして

お店の人から腕時計をいただくと、動いている!

当たり前のことなんですけど。

なんだか腕時計がまた息を吹き返したような感じがして

とても嬉しかったです。

 

 

腕に付けてみる。

おお。そうそう、この感じ。

ちょっと重いけど、腕になじむ。

 

 

で、付けてみて思ったんですけど

やっぱり腕を見て時間を確認できるって

気持ち良い。

 

 

携帯電話を携帯していれば

時間は分かるんですけど、

腕時計の、ぱっと目に入る感じが

やっぱり素敵だなあと思いました。

 

 

自分の大好きな時計だと、尚更。

 

 

これから刻む時が

素敵なものになりそうな予感がしています。

 

 

ありがとう。