Hokkori Housing

いつも心に“ほっこり”を。日々の小さな幸せを綴っていきます。

部屋の美しさと人生の成功は比例するか

 

“部屋が散らかっている人は
その人の人生も散らかっている”


と書かれている本もあるぐらい
片付けることは大事みたい。


確かに、部屋が綺麗だと

心穏やかに過ごすことができる。


仕事では特に、
デスクの上が整っていたら作業しやすいし、
取りかかる業務の優先順位を考える時に
思考も自然と整理される気がする。


なので、私は基本的に

職場のデスクはいつも綺麗にしています。


職場環境をきちんと整理することも
大事な仕事だと考えています。

 

f:id:hokkori-tonkatsu:20180718224130j:image

 

f:id:hokkori-tonkatsu:20180718224144j:image

 

片づけに関する本も好きで、よく読みます。

 

部屋が片づいていると、

生活をコントロールできている気がして

何事も上手くいく、というと言い過ぎかもしれませんが

基本的にポジティブになれます。

 

と、片づけの良さを紹介しましたが

 

私自身、とても綺麗好きというわけではありません。

 

ある程度、部屋が散らかっていても生きていけます。

(ゴミ屋敷とかはダメですが)

 

で、最近ふと

部屋が散らかっている状態のメリット?

を考えるようになりました。

 

f:id:hokkori-tonkatsu:20180718224714j:image

 

この本は半年前ぐらいに読みました。

 

本の趣旨としては

“身の回りを意図して散らかすことで

カオスな空間からアイデアが浮かび上がる”

というような内容でした。

 

また、“片づけできない自分に落ち込むことはない!”

“自分のやる気に必要なのは

「キレイ」「汚い」の軸ではなく

作業する空間から、プラスの作用を見つけられるかどうか”

という、独自の考えに衝撃を受けました。

 

でも、それに共感はできませんでした!

 

面白い考え方だし、そんな人も居るだろうけど、

やっぱり私は綺麗で整っている空間が良いなぁ

と思いました。

 

そんなわけで自分の部屋を美しく保とう

と心がけるのですが、

気がつくと部屋が散らかっていることもあります。

 

ただいまの部屋の状態

・勉強机の上に物がバラバラ置いてある

・ベッドの上に、取り込んだ洗濯物が山盛りになっている

・その辺数カ所に読みたい本が積み上がっている

・化粧品が床に転がっている

 

部屋に人を呼べる状態ではありません(汗)

 

という感じなのですが、

部屋が美しくないので

心がネガティヴになっているかと言われると

そうでもないんですよね。

 

まあ、性格的に汚い部屋でも大丈夫なので

心のダメージは少ないようです。

 

で、なんとなくメリットを感じている点がありまして

 

今の状態の方が

色々とアイデアが湧いている!

気がするのです。

 

私の場合は「片付けない技術」の本のように

意図して散らかしているわけではないので

そこに当てはまってはいないのですが

 

なぜか、頭がぐるぐる

色々なことを考えているんですよね。

 

また、今の部屋で行う作業が捗っているのです!

ちょっと面倒だと思う様々な事務処理も

ハイスピードでこなして、今さっきサークルの仲間に褒められました(笑)

 

なんで上手くいっているのか…

多分 “現実逃避” してるからかなぁと

考えました。

 

テスト勉強期間中に

読書がしたくなる!部屋の掃除がしたくなる!

感覚に近いと思いました。

 

片づけから逃げることで

エネルギーが別の方向に向いているんですかね。

 

何を良しとするかですが…

ネガティヴな方ではなく

そんな考え方もあっていいのかも。

 

部屋が綺麗だから上手くいく

部屋が汚いから上手くいく

 

どっちもありかもしれないなぁと

 

考える今日この頃です。

 

でも、この記事アップしたら

部屋を片づけようと思います(笑)