Hokkori Housing

いつも心に“ほっこり”を。日々の小さな幸せを綴っていきます。

おススメの映画5本(★★★★★)

本日は、おススメの映画を5本紹介します。

 

 

 

フィルマークスを使っています。

 

私の趣味は映画鑑賞。映画を観ることが大好きです。

 

映画鑑賞はそこにいながら別の世界へ飛んでいける、とても素晴らしい時間です。

 

私は最近、映画を観る時にはフィルマークスというアプリで観賞記録をとっています。

 

filmarks.com

 

そして、めでたく映画100本記録しました。

 

 

シロクマが可愛い。

 

見返してみると★5つ付けた映画が5本ありましたので、ご紹介します。

この5本は自信を持っておススメします!

 

 

 

①リリーのすべて(2015年/アメリカ/120分)

 

www.youtube.com

 

原題は「The Danish Girl(デンマークの女の子)」

 

世界で初めて、性転換手術を受けた男性のお話です。

 

主演はエディ・レッドメイン。

 

自身の性に悩む風景画家、アイナー・ヴェイナ―を見事に演じきりました。

 

とにかく身体を張った演技に脱帽です。

 

彼の手の動きから、話す声から、女性に対する憧れが溢れてくる様子には本当に驚きました。

 

また、アイナーの妻ゼルダを演じたアリシア・ヴィキャンデルも素晴らしかった。

 

愛した夫が女性になることを望んでいる。

 

かつて愛した夫が居なくなってしまう。

 

それでも、一番近くで夫の変化を受け入れるゼルダの姿に、涙が止まりませんでした。

 

劇中に出てくる絵画に、アイナーとゼルダの心がにじみ出る様子にもぐっときます。

 

引き込まれること間違いないです。

 

 

 

 

②きみはいい子(2014年/日本/121分)

 

www.youtube.com

 

抱きしめられたい

子どもだって

おとなだって

 

どこにでもあるような日常の物語

 

と言ってしまうと、少し悲しい気持ちになってしまう。

 

でも、誰か一人の暖かさに触れられたなら

 

世界が少しずつ良くなっていくかもしれない。

 

高良健吾、小野真千子がそれぞれのストーリーで心の弱さをさらけ出します。

 

学級崩壊、虐待。

 

苦しい現実を前にして、行き場を失っていても

「抱きしめる」ことから一筋の光が見えてきます。

 

大人も子どもも、一度は見ていただきたいヒューマンドラマ。

 

 

③インセプション(2010年/アメリカ/148分)

 

www.youtube.com

 

人の潜在意識に入り込むという、なかなかSFチックなテーマ。

 

ターゲットが眠りについたら、ミッションスタート。

 

ターゲットの夢に入り込み、情報を聞き出します。ただし、ここが夢の中だと気づかれないように・・・

 

主演はレオナルド・ディカプリオ

 

上の予告編は、ちょっと雑に盛り込み過ぎな感じ。

 

作品を実際に見てみると、細かな作りになっていて数分毎に「ほほー」と感心してしまいます。

 

観賞時間は2時間超えますが、物語のクオリティを考えると妥当。

 

終始劇中の設定を押さえて考えながら観るので、観た後はしばらく脳内の興奮が収まりません。

 

頭を使いながら映画を見たい時には、もってこいの作品です。

 

 

④リメンバー・ミー(2017年/アメリカ/105分)

 

www.youtube.com

 

主人公ミゲルが、現実世界と死者の世界を渡り歩き、家族の絆を取り戻すストーリー。

 

公開当時話題になっていて、映画館へ観に行きました。

 

横に座っていた親子がドン引きするぐらい、一人で号泣しました。

 

私はディズニーの作品が大好きで、ハズレ無しと思っています。

 

新しい作品を作る毎に、高みを目指している感じがするんですよね。

 

総括すると「家族の絆」をテーマにしているのですが、やはり劇中の物語の進め方が秀逸。

 

王道を行くのではなく、そうきたか!という展開にいつもやられてしまいます。

 

予告編からは汲み取ることのできない、ディズニーの遊び心にいつも楽しませてもらっています。

 

この作品を観た後には、心がほっと暖かくなります。

 

大切な家族と一緒に観てほしい作品です。

 

追記:同時上映「アナと雪の女王/家族の思い出」も、ほっこりしました。

 

www.youtube.com

 

こちらも家族の絆が感じられる、素敵な作品です。

 

 

⑤ぼくは明日、昨日のきみとデートする(2016年/日本/111分)

 

www.youtube.com

 

福士壮太 × 小松菜奈 が繰り広げる、切ないラブストーリー

 

この作品については、以前記事にも書かせていただきました。

 

www.hokkori-housing.com

 

 

私は 【邦画+恋愛モノ】 となると普段あまり興味を示さないのですが、こちらの作品は一見の価値あり!でした。

 

物語の設定が非常に興味深く、それが2人の恋心と上手く絡み合っていて、その世界観に引き込まれます。

 

邦画あまり好きじゃないなぁ、という方にも観ていただきたいです。

 

思わずほろり、

 

まとめ

私のおススメ 5本を紹介させていただきました。 

 

上の作品は、映画好きなら是非1度は観ていただきたいです。

 

振り返ってみて・・・映画は断然洋画派!だと自分では思っていましたが、5本中2本、邦画が入っていますね。

 

邦画も素晴らしい。偏見を持たずに、色々な作品を観賞しようと思います。

 

それと、割と新しい映画に高評価を付けていますね。

 

古い映画も好きです。

 

オズの魔法使い、街の灯、猿の惑星、バックトゥーザフューチャー・・・

 

 

でも数々の映画を観てきて思うのは、過去に良い作品があるからこそ、そこから良い部分を真似して、改良して、また新たな良い作品が生まれているということ。

 

そしてどの時代にも、映画を観る人・作る人がたくさんいること!

 

おそらく、映画という芸術はずっと残っていくんだろうと思います。

 

幸せなことですね。

 

オマージュ作品!と叩かれる作品もたくさんある現代ですが、やっぱり先代から積み上げられてきたものがあって、良い映画も生まれているのだなあとしみじみ思います。

 

これからも、たくさん良い映画に出会いたい!

 

そして今後も、良い作品を紹介していきたいと思います。